パルさんの一大決心(酒田編) ★1★

はじめまして、パルと申します。
私は山形県に住む40歳の車椅子の男性です。
自分がブログを書くなんて思ってもいませんでしたが、
生まれて初めての一人旅をすることになったことが
きっかけとなり、まりこさんに勧められたこともあって
書き始めることになりました。
このブログをたくさんの方が読むのかと考えるだけで
固まっちゃいますが、私が一大決心のもとに決行した旅の内容を
読んだ同環境の人々に少しでも勇気を分けられたら
うれしい限りです。


車椅子でも
「やれば出来るんだ」ということが判ったこの旅行、
「人の手を借りれば出来るんだ」ということが判ったこの旅行。
偉そうなことは言えませんが、
私の大切な大切な忘れられない思い出となった
初一人旅をお届けいたします。

まず一人旅に出てみようと思ったきっかけからお話します。
私は以前に一人旅を計画しました。東京・大阪・岡山…。
現地にはそれぞれメールで知り合った女性がいました。
しかし何処も両親に「行きたいんだけど・・」と言うと、
「お前には無理だ」と却下…。

今思うと現地で逢いたかった人は、
人生初の冒険をしてまで逢いたいとは
思っていなかったのかもしれません。
それから私は平凡な毎日を過ごしていました。
まりこさんと出会うまでは…。

まりこさんと出会う前、私はある女性と知り合いました。
彼女はある奇病に冒され一時期車椅子生活を
余儀なくされたそうです。
その時彼女は思ったそうです。
「あぁ、このまま一生車椅子で過ごすのかな。
こんなことなら好きな旅行をいっぱいして海外にも
行っておけばよかった」と。
そんな彼女は私の病名や進行性であることを聞き、
自分が行く旅行へと私を誘ってくれました。
「動けるうちにきれいな景色・知らない世界を
見ておいたほうがいいよ」って。
でも彼女には僅かながら後遺症もありましたし、
ましてや介護経験の全くない彼女についていく勇気は
私にはありませんでした。

そのあとで、まりこさんとチャットで出会ったのです。
チャットとメールでお話するようになり、
まりこさんの「大阪に来たら案内するよ」
この言葉が決め手となりました。

以前一人旅を計画した大阪。
海遊館のジンベイザメにあこがれた大阪、
何よりも世間知らずの私に親身になって説教してくれる
まりこさんに逢いたくて3ヶ月という異例の早さで
大阪行きを決断しました。
普通なら「世間知らずのガキが」で見放されても
何も言えないのに本気になって怒ってくれたまりこさんに
逢いたいと思いました。

3ヶ月間、怒られっぱなしでしたが・・・。(汗)
まりこさんは今までに出会ったことのないタイプの
女性だったんです。
まりこさんが介護のお仕事をしていること、
私が最近まで通っていた作業所もなくなって
家にいることが多くなったことも
「外に出てみよう」と思ったきっかけの一つです。

正直不安もありました。
この時点ではまだまりこさんとは
文字だけのやり取りでしたからね。
ですが「いつまでもそればかり考えていても何も始まらないし、
自分から動かないと何も変わらない」
と言われて
(自分なりに)一世一代の大勝負に出たわけです。
大袈裟かも知れませんが、
この一人旅はそのくらいの気持ちで臨みました。
余談ですが、以前逢いたかった女性とまりこさんの住んでる所が
ご近所だったことも、・・・ただの偶然かなぁ。。

ここまでが一見無謀とも思える一人旅に出ようと
思ったきっかけです。
大阪に行けると喜んだのもつかの間、
またまりこさんの説教、
そしてパソコン画面とのにらめっこの日々、
家族の説得が始まるわけですが、
それは又のちほど・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

ひとくん
2007年10月16日 13:54
はじめまして、ひとくんといいます。
パルさんの長年の夢だった「一人旅」が、ついに実現したのですね^^
パルさんの「旅行日記」・・楽しみしてますよ!
このブログを、パルさんのような方々に、多く見て貰いたいですね^^
そのためにも、頑張って執筆してください!
さし絵ライターテラ
2011年10月16日 15:34
はじめまして・・。ボクの母は脳梗塞で2年前、身体障害者になりました。家に閉じこもって欲しきありません。車椅子で付き添い、映画や買い物、旅行(今月末に那須)に行きます。チャレンジチャレンジ、まずはやっちゃえ・・どうにかなりますよ

この記事へのトラックバック